August 17, 2005

山中湖に棲む!

8月12日 金曜日

山中湖へ、現地調査のために行ってきた。

今回の施主は、ここに別荘ではなく
一年を通じて住むために家を建てようとしている。

東京からわずか1〜2時間で行ける所なのに
ずいぶんと気候が違う。

東京28度 山中湖22度
湿気も違う。
冬には、地面から70センチ下までは凍るらしい。

湿気と寒さ対策。
落ち葉と落ち枝(言い方が分からない)対策。

そして、当然のことながら予算厳守!
日常生活の快適性の確保。

快適な生活って、何だ?

森に住む。
都市に住む。
海に住む。

その場所ごとに、『快適』 と感じるものは
異なるのではないだろうか。

また、その人毎に
異なるのではないだろうか。

施主はここで、森の生活を望んでいる。

家から立ち昇る煙。
それは、全て生活のための煙。

この場所からは、何も見えない。
富士山も見えない、湖も見えない。

taniyama-toti-1-web.jpg

taniyama-toti-2-web.jpg


ここに建つ家に大きな窓は必要か?

大きな窓は、開放感をもたらすか?
大きな窓は、湿気も呼び込むか?
大きな窓は、虫も呼び込むか?
ここに建つ家には、なんとなく合わない気がする。

“ 籠る ” という感じか?

“ 低く構える ” “ 森と同化 ”

いろいろな条件を考えると
『エッ? これが家なの?』 
というものになりそうな気がする。

変な意味では決してない。
ただ、既成の住宅には成り得ない。
と感じている。 今は、である。

帰り道。
霧に包まれた。

taniyama-kiri-2-web.jpg

(ちょっと、怖かった)

Posted by asazuma at August 17, 2005 1:13 PM