January 15, 2018

不動産会社に任せれば本当に安心なのか?

不動産売却の依頼先探し 

【プロの仲介業者にまかせておけば大丈夫?】


売り手が少しでも高く売りたいのと同じように
買い手としては、やはり少しでも安く買いたいと思っています。


家を売る際、基本的には、不動産の仲介業者に依頼して
買い手を探すところから価格交渉まで、
すべてまかせてしまうというケースがほとんどです。


では、そのようなプロにまかせておけば
不動産の価格を本来より低く見積もられて
しまうことは防げるのでしょうか?


じつは、ここが大きな落とし穴なのです。


たしかに、不動産の仲介業者はその道のプロです。

しかし、プロといっても、あくまで売り手と買い手を
うまく調整するためのプロでしかありません。

「高く売るプロ」 ではなく 「仲介のプロ」です。

現在の不動産仲介業者のほとんどがそうなっています。


とにかく交渉を成立させることが第一なので、
もし不動産にマイナスポイントがあれば、
それを計算に入れたうえで、
それでも購入してくれる相手を見つけることを
最優先してしまいます。


つまり、売主にとってより有利な価格で交渉するということは、
はじめから期待できないわけです。


【不動産のマイナスポイントをゼロにして価値を上げよう】


では、不動産を売却するとき売主は
大切な資産を買主の言うとおりに妥協して
安く手放す以外にないのでしょうか?


そんなことはありません。


まず最初にできることとして
不動産のマイナスポイントについて
よく知っておく必要があります。

自分の土地はどのような条件で
相場と比較してどれくらい価格が低くなってしまう。


などといった最低限の不動産の知識を勉強しておくことです。
これで、本来の価値よりも低く見積もられることを防ぐことができます。


そのうえで、自分の不動産のマイナスポイントは
どのようにして解消することができるのか

といった点についても考える必要があります。


たとえば、現在の居住者やテナントに立ち退いてもらう。
道路や隣地で使いにくい部分を改善する。
場合によっては更地にする等々
土地の利用価値を広げていくわけです。


ただし、ここまでの判断を行うことは
さすがに素人だけでは無理があります。

そこで、ただ交渉を成立させるだけの仲介業者ではなく
不動産の価値をしっかり高めてくれる業者を見つけ出すことが
最大のポイントになってくるわけです。


自分の不動産の売却を誰に任せるか?

売主の希望に応え、すべてにおいて納得が出来る説明をしてくれる
ほんとうに頼りになる不動産仲介業社を探し出すことが
不動産売却を成功させるための絶対条件です。


私が使っている
朝妻オリジナルの「不動産会社選定のための質問シート」をご希望の方は
このFBのメッセかコメントまたは
info@asazuma.com 
まで お気軽にお問い合わせください。
あなたが受け取りやすい方法で
無料でお送りします。

Posted by asazuma at January 15, 2018 5:48 PM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?