February 27, 2014

不動産売却の依頼先探し− 9,917,700円 損しました!

不動産売却は どこの仲介会社に依頼するかで
最終的な契約金額に大きな差が出てしまいます。

私の最近の事例を一つご紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
売主のAさんから相続が原因の不動産売却のご相談を受けました。

Aさんは長男。
妹さん一人、弟さん二人 の四人兄弟。

Aさんの土地は約97.60坪

その土地にお母様が暮らしていた古い家と
Aさんご家族と妹さんが暮らす家が
一つの土地の中に二棟ありました。

お母様が亡くなり、ご兄弟で協議のうえ
古い家は壊し、土地を分割して
売却したうえで現金にして分ける。
ということになりました。

早速、私の知っている買取業者と
その近辺で土地を探している一般のお客様に
ご案内をしましたところ

業者が 「¥250万/坪で是非買わせて下さい!」と
申し出がありました。

私の査定も最高で ¥260万/坪 かな?と
思っていたので

「とてもいいお話しだと思います。
是非、皆様で前向きにご検討下さい」

と提案しました。

ところが、弟さんのお一人が

「いやいや、ここはもっと価値があるはずだ
自分の知っている大手不動産会社に任せれば、もっといい買い手が見つかるはずだ」
とのことで私がご紹介した業者からのお話は断りました。

そして待つこと半年以上。
なかなか、買い手が見つかりません。

徐々に価格の見直しを繰り返し
結果的に成約となった金額は ¥220万/坪でした。

売却した土地面積は 33.059坪。

坪単価 ¥220万の場合
33.059 × 2,200,000 = 72,729,800

坪単価 ¥250万の場合
33.059 × 2,500,000 = 82,647,500

その差額はなんと¥9,917,700.-!!

約1000万円の違いが出てしまったことになります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

怖いですね〜

言うまでもなく、不動産は一つとして同じものはありません。
隣がいくら、お向かいがいくら、と周りがいくらで売買されたかは
あくまでも参考にしかなりません。

そして、売るタイミングもその時々で違ってきます。

価格とタイミングを適切に判断し、
売主のミカタになってくれる仲介会社を選ぶことが
最終的に手元に残るお金に大きな差が出てしまうことになります。

不動産の売却の目的は人それぞれで異なりますが
ほとんどの方が「少しでも早く、少しでも高く」売れることを
望んでいるはずです。

そのためには先ず、

自分の不動産の売却を誰に任せるか?

不動産売却の依頼先探しの成功が
イコール 不動産売却の成功につながります。

不動産売却の依頼先をお探しの方は

今すぐ
メール gisei@asazuma.com または
お電話 03-6379-3372 まで

お気軽にご相談ください

あなたの不動産売却を任せることができる
ほんとうに信頼のおける不動産仲介会社を
私が一緒に探し出します。

Posted by asazuma at February 27, 2014 11:37 AM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?