December 24, 2017

不動産を売るということ

不動産を売るということ

おそらくは
あなたも何かの仕事をしていると思います。

仕事というのは
お客様に何かを売って その対価を頂くのが
一般的だと思います。

それは不動産の売却でも
まったく同じことです。

しかも、不動産の売却の場合は
たった一人のお客様を見つけるだけです。

たった一人だけです。

しかし、それを自分で見つけることが
中々、できない。

だから、不動産会社に代わりに売ってもらう。


普通の商いでは

モノを売る人を 「主」とは言いませんが

不動産売買の場合は
モノを売る人を 「売主」と言います。

ここで少し勘違いしてしまいます。

なんかちょっと偉くなった気がしちゃいます。

「俺様は 売主様だぞ〜!」と威張っちゃう人がいます。

確かに、仲介をする不動産会社からしたら
売却の依頼を取ることこそが彼らの使命ですので

「はは〜 売主様〜」とひれ伏します。

しかし、本当のお客様は

あなたにとっても
不動産会社にとっても

その不動産を買ってくれる人です。

つまり 「買主様」です。

この世にたった一人のありがたい「買主様」です。

ですから

モノを売るあなたは
売るモノを売り易くしなくてはなりません。

仕事をしている方なら
自分の仕事に置き換えればすぐにわかると思いますが

自分の商品を

お客様が欲しくなるようにする。
お客様に知ってもらう。
お客様が買いやすくする。
等々・・・

やることはたくさんあります。

たしかにほとんどの方が

不動産を売ることは初めてのことだと思います。

具体的な販売活動や契約に必要なことは
分からなくて当然です。

だから不動産会社に代わりに売ってもらうことになります。

しかし、ただ丸投げではなく

あなたのこれまでの思いが詰まった
大切な大切な不動産の価値を一番わかってくれる人に
出来るだけ高く、出来るだけ早く買ってもらえるように

不動産会社と一緒に売っていくことが必要になります。

方法はその不動産毎に違ってくると思いますが

納得の不動産売却を成功させるためには
パートナー選びが最も大切です。

あなたの思いを理解してくれる
不動産会社を見つけるかどうかで
結果に大きな差が出ます

一社だけに限って任せる必要はありません。

そんな決まりはありません。

あなたの不動産売却チームを作ればいいんです。

不動産売却のやりかたに
絶対はありません

自分の不動産に合った方法
自分の考えに合った方法でかまいません。

私も一緒に考えます。

Posted by asazuma at December 24, 2017 11:00 AM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?