Index

パクリ、リメイクはいけないことか? .....June 22, 2009
あ〜ぁ、やっぱりね! .....September 30, 2006
ドラマ『結婚できない男』−最終回 .....September 20, 2006
ドラマ『結婚できない男』 ちょっと自慢 .....September 13, 2006
ドラマ『結婚できない男』−信介のモデルは誰? .....September 1, 2006
ドラマ『結婚できない男』 第10話ロケ現場 .....August 29, 2006
ドラマ『結婚できない男』 ロケ現場 8/26  .....August 28, 2006
ドラマ『結婚できない男』 ケンちゃん、恐るべし! .....August 8, 2006
ドラマ『結婚できない男』 − 撮影立会い .....July 23, 2006
ドラマ『結婚できない男』−スタジオ収録 .....July 18, 2006
ドラマ 『結婚できない男』 .....July 5, 2006
建築プロデューサーがドラマに登場!? .....July 1, 2006


June 22, 2009

パクリ、リメイクはいけないことか?

ドラマ「結婚できない男」、期待の中できょうスタート

  → LINK

だそうです。

ちなみに私は、今回はノータッチです。

日本のテレビも元々はほとんどが海外のパクリでしょう。
だから、別にそのこと自体の良し悪しは問いません。

これは何も、テレビだけに限ったことではないでしょう。

そもそもが、過去に全くなかったものがとても少なくなっていると思います。

「今までなかったこと」
「誰もやっていなかったこと」

そんなことに夢中になるのは私くらいのもんでしょう・・・

ということで、また一つ新しい仕組みを近々にスタートさせます。

乞うご期待を。

September 30, 2006

あ〜ぁ、やっぱりね!

ドラマ『結婚できない男』 最終回からわずか10日

まあ、覚悟はしておりましたが思ったとおりデス。

ここへのアクセス激減!!

あんなに盛り上がっていたのに・・・トホホ。

人とはかくも醒めやすいものなのか。

と、いいながら『ナースあおい』の
スペシャルなんかを見ていた自分もいたりする。

September 20, 2006

ドラマ『結婚できない男』−最終回

ドラマ『結婚できない男』 −第12話(最終回)

如何でしたでしょうか?

怒涛のような数ヶ月を振り返ってみての感想は

「おもしろかった!」

どんなこともはじめての事はおもしろい。

『ものづくり』という点での共通点も感じた。

webとの連動の大切さも実感した。

ドラマ開始とともに番組専用サイトを立ち上げ
BBSも設置。
そこに書き込まれるファンの皆様のご意見に
励まされるように、煽られるようにスタッフ達も
徐々に力が入っていく。
現場が盛り上がる。
信介と棟梁のケンカも激しくなっていった。

注)実際には現場で設計者と施工者が掴み合いのケンカをすることは
  最近ではあまりない、と思う。
  少なくとも最近の私が関わる現場ではそういうことはない。

でも、あのケンカのシーンは撮影中も本当におもしろかった。

台本 写真-web.jpg
全12話の台本
(台本の写真を皆様にも見ていただこうと
 綺麗に並べている自分の姿が信介とダブった・・・。)
  
一話分がたかだか70〜100ページ。
それが映像になるとご覧のとおり。

「俳優さんって、すごいなぁ〜」と感心しきり。

まあ、何はともあれ無事に最終回の放送を終えて一安心。

皆様、ありがとうございました。

追伸
準備が出来次第、私からの
“ドラマ『結婚できない男』−特別限定プレゼント”のご案内をしますので
お時間のあるときに、ここへ遊びに来てください。

追伸 その2
ラストシーン
金魚が二匹になっていたのを気づきましたか?
もし、仮に続編があるとすると
最初のシーンはこの金魚からか?
一体、何匹なのか?
3匹か、4匹か、いやそれとも1匹か。

う〜む・・・、乞うご期待。

って本当にあるのでしょうかねえ?

投稿者 asazuma : 1:58 PM

September 13, 2006

ドラマ『結婚できない男』 ちょっと自慢

先日、ドラマ『結婚できない男』のスタジオ撮影にお邪魔しました。

特に私が何かをお手伝いするというわけではなかったのですが
撮影も終了間近でしたのでご挨拶も兼ねてでした。

そ、そ、そこで、ついにあの方の会うことができました。

ケンちゃん」です!

どうですか? 羨ましいでしょ?

「こつぶ」と書いたベストを着ていました。

わたしが「おー、よしよし」と近づいていったのですが全く相手にされず、
近くにいた若い女性スタッフの方へ行ってしまいました。

う〜む、役者が違う・・・。

しばらく遠目で彼を観察していて感じたこと。

「うん、犬だな」

追伸
さあー、来週はいよいよ最終回です。
信介は結婚するのかしないのか?

ちなみに最終回は、信介のキャラが一気に変わりそうな予感がします。
乞うご期待!!

September 1, 2006

ドラマ『結婚できない男』−信介のモデルは誰?

『阿部ちゃん演じる「桑野信介」のモデルって誰なの?』

ここ最近、最も多い質問です。

そう聞かれた時の私は 「それはあなたです!」 と答えます。

言われた方の建築家たちは

「えっ、まっさか〜ぁ!冗談でしょ。」

と言ったすぐ後にはみんな心配になるようです。

(うん、やっぱりそうだったのか・・・)

ほとんどの建築家がどこかしら思い当たる節があるようです。

数日前、私がある資料を作りながら
「うん、完璧だな」 と腕組みしながらPC画面を眺めていると
スタッフが一言 

   「今の信介(阿部ちゃん)入ってましたよ」

はははは・・・・・・。

August 29, 2006

ドラマ『結婚できない男』 第10話ロケ現場

昨日の続きです。

ドラマ『結婚できない男』 第10話のロケに使われた現場についてです。

2シーンに使われました。

まずは、建築プロデューサー 沢崎摩耶(高島礼子さん)が
スタッフの沙織ちゃん(さくらさん)と一緒に
例の棟梁(不破万作さん)に信介の代わり謝りに行っているシーン。

もう一つは、建築家 桑野信介(阿部寛さん)と
そのスタッフ 村上英治(塚本高史さん)が
現場の検査に行って、もはや恒例となった感のある
信介と棟梁が取っ組み合いになるシーン。
(これは笑った! 
 撮影スタッフも阿部さんと不破さんのアドリブに大爆笑でした)


千鳥 外観 web.jpg

〈外観〉

信介:仕上げの材料の確認をする
棟梁:「指示通りやってるよ!」
中に入る。
信介:「うん?なんだこれ??」

千鳥 1階ホール web.jpg

〈1階ホール〉

図面にはないことを棟梁が勝手にやっている。

・・・・、取っ組み合いになる。


そんな感じです。

撮影には使われませんでしたが、建物内部は・・・(「続きを読む」をご覧ください。)

敷地面積 : 69.92屐 21.15坪)
延床面積 : 89.21屐 26.99坪)

千鳥 1階ホール-2 web.jpg


千鳥 1階ホール-3 web.jpg


千鳥 2階ホール web.jpg


千鳥 会議室 web.jpg


絶対に数字以上の広さを感じると思います。

よく見る、1階は〇〇の部屋、2階は××の場所・・・はい、お終い。
ではなく、“その先の向こうにある向こうの向こう”を感じる。

これをもとにアレンジしていけば、『小さくても広くて気持ちのいい家』が
絶対にできると確信しました。

August 28, 2006

ドラマ『結婚できない男』 ロケ現場 8/26 

土曜日は、ドラマ『結婚できない男』 第10話のロケでした。

舞台は、先日ここでも少しお知らせしました

ないしょの見学会」を行った住宅展示場でした。

いや〜、すごいすごい!
何がすごいって、ギャラリーの数!!

どこから広まっていくのかは不明ですが、
徒歩で、自転車で、バイクで、はたまた車で。
来るは来るは、次々と。
ロケに立ち会うたびに感心します。

当然のことながら、みなさん携帯電話で撮影風景を「パシリ」と
写そうとするのですが、スタッフ達がそれを必死で止めている。

特に各俳優さんたちのお付の方たちはすごい勢いで阻止しようとする。

“肖像権” ってヤツですかね。なかなか大変そうです。

もちろん、私も撮ることは出来ません。(表向きは・・・)

しかし、何もなしでは申し訳ない!

せめて!

ロケ弁 開封前.jpg


ロケ弁 開封後.jpg

ロケ弁の写真でご勘弁ください。
言うまでもなく、午後の撮影はみんなの息はカレー臭かったです。

・・・つづく。

August 8, 2006

ドラマ『結婚できない男』 ケンちゃん、恐るべし!

昨日も、ドラマ『結婚できない男』のスタジオ撮影に立ち会いました。

別に大したことをするわけでもなかったので、
スタッフの皆さんが忙しく働いているのを横目にスタジオ内をブラブラしていたら
みちるちゃん(国仲涼子さん)の部屋を発見!

そこで見つけました。

パグファン.jpg


こんな専門の本もあるんですね!

その他にティッシュカバーや何やら部屋中 “パグだらけ”

ちなみにドラマ『結婚できない男』のオフィシャルホームページには

ALL ABOUT Ken』 というケンちゃんの専用ページがあります。

ケンちゃんの人気は留まるところを知らないという感じです。

ちなみに、我が事務所スタッフのパソコンの壁紙はいつの間にか
“ケンちゃん” になっていました。

と思ったら、わが家のパソコンの壁紙までも・・・

ケンちゃん、恐るべし!!

July 23, 2006

ドラマ『結婚できない男』 − 撮影立会い

7月22日 (土)

今日は、ドラマ『結婚できない男』 の第5話ロケ現場に立ち会いました。

建築現場での撮影でした。
助監督、美術担当の方から 「どこか使える現場を大至急探して!」と
の依頼があり、私のかかわっている現場、私の知り合いの工務店などに
現況を確認。

私はいくつか候補をあげて、美術担当の方が即ロケハン。

結局、私が公私共にお世話になっている
蒲田の 進栄興業さん(会社名のイメージとは違って、とても若くてフレンドリーな会社です)の
現場を借りることになりました。

で、撮影現場でのハプニング!

な、な、なんと、本物の大工さんたち総出演でした。
もともとの台本ではそんな予定ではなかったのですが、
なぜかそういうことになってしまったようです。

特に親方なんか阿部さん、塚本さんとスリーショット。
工務店の番頭さんや設計スタッフも現場に見学に来ていたのですが
もーそれを見て大爆笑!

「おやじ!普段は全然来ないくせに、こんな時だけなにやってんだよ(笑)」

まあ、面白い画が撮れていることを期待するだけです・・・。

July 18, 2006

ドラマ『結婚できない男』−スタジオ収録

昨日は、ドラマ『結婚できない男』 第4話、5話のスタジオ収録に立ち会いました。

もちろん初めての経験。
設計事務所シーンを数カット分続けての撮影でした。
数日前に台本を渡されて、××となっている専門用語的な台詞を
助監督と一緒に考えさせて頂きました。

もちろんドラマの全体的な構成上、若干リアリティーに欠ける箇所も
ありますが、それなりに私の意見も取り入れて頂きました。

実際に拝見した俳優陣は
建築家役の阿部寛さん、そのスタッフ役の塚本高史さん
そして、建築プロデューサー役の高島礼子さん、の御三人。
みなさん画面で見るとおりでとても素敵でした。

いい意味で淡々とこなしているという印象でした。

それにしてもスタッフの方の人数の多さには驚きました。

プロデューサー、監督、助監督、カメラ、音声、大道具、
小道具、美術、その他(どういうお仕事の方かは不明)

ざっと、30人以上はいました。
皆さん、自分が何をすればいいのかがきちんと分かっている感じで
無駄なくテキパキと動いていました。

“ものづくり” における共通点のようなものを感じました。

ドラマ『結婚できない男』 第5話、必見です。

ちなみに、私は出演しておりませんので誤解のありませんように。

July 5, 2006

ドラマ 『結婚できない男』

ドラマ 『結婚できない男』

主演:阿部寛(腕はいいが偏屈な建築家)

共演:高島礼子(住宅プロデューサー)

昨日、7月4日 22:00からフジテレビ系ではじまった。

開始から数分後

キャスト紹介のあと
衣装協力などのスポンサーのクレジットがすごいスピードで映し出される
動体視力を検査するかのような、超速クレジットロール!
と次の瞬間・・・

でた! 建築指導:ベースメント

0コンマ何秒!

建築指導・・・・・・・・

これについては今後の展開を見守りたい・・・です。

しかし、まさか阿部ちゃんのお尻で終わるとは思わなかった・・・トホホ

投稿者 asazuma : 8:57 AM | トラックバック

July 1, 2006

建築プロデューサーがドラマに登場!?

建築プロデューサーがドラマに登場する時が、ついに来たようだ。

フジテレビ系 火曜日 22:00 (7月4日スタート)

『結婚できない男』
主人公の“腕はいいが偏屈な建築家”に阿部寛さん。

その彼を応援する“住宅プロデューサー”というのが登場する。
一体誰が演じるのか? というと、これがなんと高島礼子さんだという!
ついつい、自分と重ねあわせてしまう・・・、なぜ女性・・・、なぜ高島礼子・・・
当たり前だが似ても似つかない・・・、わたしは・・・

このドラマを見た方が
建築プロデューサー=高島礼子さん=女性
というイメージをつよくインプットされてしまうとどうなるのだろう?

ご存知の通り私は男である。
しかも、坊主頭である。見た目はすこし怖いらしい・・・

建築プロデューサーがドラマに登場する時代が来たことは
素直に喜びたいとは思います・・・が。

いまだに、建築家=田村正和またはキムタクという方がたくさんいる。
テレビの力は恐ろしい。

私がドラマのプロデューサーなら
建築プロデューサーに、ショーン・コネリー、ピアース・プロスナン、またはロバート・デニーロ
あたりをつかうのに・・・。
それが難しいとしたら渡辺謙、それでもだめなら、生瀬勝久かな?

まあ、毎週楽しみに見て行きたいと思います。

※ちなみ、少しだけ製作をお手伝いしております。少しだけです。少しだけ

投稿者 asazuma : 11:51 AM