September 20, 2006

ドラマ『結婚できない男』−最終回

ドラマ『結婚できない男』 −第12話(最終回)

如何でしたでしょうか?

怒涛のような数ヶ月を振り返ってみての感想は

「おもしろかった!」

どんなこともはじめての事はおもしろい。

『ものづくり』という点での共通点も感じた。

webとの連動の大切さも実感した。

ドラマ開始とともに番組専用サイトを立ち上げ
BBSも設置。
そこに書き込まれるファンの皆様のご意見に
励まされるように、煽られるようにスタッフ達も
徐々に力が入っていく。
現場が盛り上がる。
信介と棟梁のケンカも激しくなっていった。

注)実際には現場で設計者と施工者が掴み合いのケンカをすることは
  最近ではあまりない、と思う。
  少なくとも最近の私が関わる現場ではそういうことはない。

でも、あのケンカのシーンは撮影中も本当におもしろかった。

台本 写真-web.jpg
全12話の台本
(台本の写真を皆様にも見ていただこうと
 綺麗に並べている自分の姿が信介とダブった・・・。)
  
一話分がたかだか70〜100ページ。
それが映像になるとご覧のとおり。

「俳優さんって、すごいなぁ〜」と感心しきり。

まあ、何はともあれ無事に最終回の放送を終えて一安心。

皆様、ありがとうございました。

追伸
準備が出来次第、私からの
“ドラマ『結婚できない男』−特別限定プレゼント”のご案内をしますので
お時間のあるときに、ここへ遊びに来てください。

追伸 その2
ラストシーン
金魚が二匹になっていたのを気づきましたか?
もし、仮に続編があるとすると
最初のシーンはこの金魚からか?
一体、何匹なのか?
3匹か、4匹か、いやそれとも1匹か。

う〜む・・・、乞うご期待。

って本当にあるのでしょうかねえ?

Posted by asazuma at September 20, 2006 1:58 PM