March 27, 2006

設計コンペ は誰のため?

その主催する会社、グループによって
やり方には差があるようだ。

少し前までは、施主、建築家の双方にとても
有効な方法だと思っていた。

しかし、ここ最近は少し状況が変わってきた気がする。

私が本当にコンペに参加して欲しいと思えるような

実力・経験ともに優れた建築家たちが

徐々に参加を敬遠するようになってきた。

その理由はいくつかあると思う。

理由1) 決定理由の曖昧さ

理由2) 提示された予算の信憑性

理由3) 施主の覚悟の不足

理由4) 建築プロデュース会社の『客寄せ』としてのコンペの横行

おそらくまだ他にもあるだろう。

現在、積極的に住宅のコンペへ参加する建築家は

独立したばかりでとにかく自分の作品を一つつくりたい人、

自分では仕事が取れないのでコンペを利用する人、

等々、なんだかなあという感じ。

それでいいのだろうか?

コンペの結果選んだ案が全く予算に収まらず、
結局は設計のやり直し。

それってどうなんだろう?

見積の調整で3ヶ月以上も時間を取られて
「あれもだめ」「これもだめ」と次々と夢を諦めていかなくてはならない
なんてことは全く誰のためにもならない。

そんな結果になるくらいなら、コンペなどやらないほうがいい!

と私は思う。

力のある建築家ほど同じ思いでいる。

ここいらで「建築プロデュース」と看板を掲げている会社が
きちんと自社のポジションを明確にするときが来ていると思う。

「設計コンペ屋」から脱却し、本来の存在意義を自覚しなければ
その家づくりにかかわる人全員が不幸になるばかりではないか。

なんてことを感じている建築バカの独り言・・・。

とにかく楽しく家づくりをしてもらいたいなぁ・・・。

Posted by asazuma at March 27, 2006 8:09 AM | TrackBack
Comments

某地で同業をする者です。

ほんとにその通りですよね。
世間に必要とされる仕事だと思うのですが、ビジネスライクに考え始めるとたちまち施主がおいてけぼりになるな、とつくづく感じます。
いち企業として顧客満足と経営のバランスをとるのは非常に難しい業態なのではないかと思う今日です。
外見ほど簡単な仕事じゃありませんしね。

Posted by: ひとりごと at March 27, 2006 1:36 PM

ひとりごとさん

コメントありがとうございます。

同業とのこと、
なんとも嬉しいような、恥ずかしいような・・・。

まあ、私はマイペースで行きます。

また機会があったらここに遊びに来てください。

Posted by: asazuma at March 27, 2006 11:03 PM

You completed several good points there. I did a search on the topic and found nearly all persons will go along with with your blog.
buy wow gold http://www.wow-gold-team.co

Posted by: buy wow gold at January 21, 2013 7:27 PM

Hi, Can you mail me "Anything for you mam" of Tushar Raheja.

Posted by: Gaylord Oquendo at February 27, 2013 8:54 AM

I simply want to tell you that I am just new to weblog and definitely loved your blog site. Probably Im planning to bookmark your site . You really come with outstanding article content. Thank you for sharing your web page.

Posted by: Drema Cabido at May 26, 2013 10:31 AM

avfelgp

Posted by: bshwfbk at June 23, 2013 10:08 AM
Post a comment









Remember personal info?