February 17, 2014

不動産売却の依頼先探し−「手数料」の比較で決める?

「仲介手数料 最大無料!」

これを謳い文句にしている不動産仲介業者が
増えてきました。

古くからある地元の業者ではなく

若い経営者の会社では
「少しでも高く売りたい売主」と
「少しでも安く買いたい買主」の
全く立場が逆の両方から仲介をして
手数料を頂くのはおかしいですよね。

という理由で

売主だけと媒介契約。
買主だけと媒介契約。

さらに、これまで当たり前のように通ってきた
いや、通してきた

大昔に決まった最大の手数料をどんな時でも頂くのはおかしいですよね。

と考えて「最大無料または半額」
もしくは「一律 定額制」

などの仲介手数料の安さを売りにしているところが
全国的に拡大でしています。

「不動産売買 手数料 無料」で検索してみると

どこの会社もとても綺麗なホームページを用意しています。

そして、そこに書かれている内容は
「なるほど、ごもっとも!」と
膝を叩きたくなるものばかりです。


「ウチは自分では宣伝はせずに、
他の不動産会社に宣伝してもらいますので
経費が掛かりませんから手数料が安いんです」

とか

「他の会社の広告やwebで気に入るものを
自分で探してください。
その物件の価格交渉などはウチが代わりにやりますよ」

などと書かれているものを多く目にします。


これらは今までは業界の中では
ルール違反でした。

しかし、不動産業界ももはや
家電業界と同じように価格競争になっています。

「同じ不動産ならば、安いほうがいい」

これは一般消費者にしてみたら
とても当たり前の要望です。


これだけ、誰もが情報を無料で入手できる社会になれば
当然の結果のようにも思うと同時に
不動産業界全体の今後のことを思うと自滅していくようで
少し不安にもなりますが...

何はともあれ、お客様にしてみたら嬉しい仕組みが出来てきました。

そこで問題なのは

「で、どこに頼めばいいの?」 です。

どこの会社も
「業界の悪しき習慣に立ち向かい
お客様のために手数料を安く、または無料にします」

と訴えています。

どこの会社も、とてもいい会社に思えます。

そして、ここまで「手数料無料」の会社が増えてくると
今度は少し心配なってきて

「手数料が無料はありがたいけど、何か裏がありそうで心配。
手数料は高いかもしれないけど、やっぱり大手が安心だよね」

という意識も出てきそうです。

ますます、どこに頼めばいいのかわからなくなります。

パソコンの画面をいくら眺めていても解決しません。


しかし、大丈夫です!

シンプルに考えればいいんです!

あなたがやることは只一つです

実際に気になった会社に対して

「私の不動産を希望通りに売却するために
あなたは私に何をしてくれるの?」

と聞いてみればいいのです。

たった、それだけです。

質問の仕方、希望の伝え方、やってほしいことを
私がまとめます。

それを、気になった会社全てに応えてもらえばいいだけです。

情報が無数に手軽に入手できる社会だからこそ
それを整理してシンプルに考える力が必要になっています。

自分だけで考え、悩まずに
いつでもメールにてお気軽にご相談下さい

あなたの不動産売却の仲介社選びを
私がお手伝いします。

Posted by asazuma at February 17, 2014 11:43 AM | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?