November 14, 2005

デザイナーズハウス (建売4棟) でちょっと思ったこと

以前のエントリー
「デザイナーズハウス でちょっと思ったこと」のつづき。

少し前の週末、完成見学会へ行きました。
ビルダー主体の建売住宅、4棟現場でした。
知名度、実力ともに兼ね備えた、4名の建築家の競演(共演?協演?)
私は、その4組の中の一つからご案内のお知らせを頂いて
お邪魔しました。

web-tokyo-gumi--youga-1.jpg


web-tokyo-gumi--youga-2.jpg


現地は、まさに「壮観」という感じ。
若い設計者たちの勉強をかねての見学が目立った。
(これはいつでも、どこでもそう)
不動産業者らしき人も、チラホラと。

建物の設計、施工の、是非は控えるとして、
興味深いのは、その売値!

1億4千〜6千万円!!

私の正直な感想は「?????」

私も、随分前には『建築家のつくる建売住宅』をまじめに考えたことがあった。

しかし、問題は買い手の意識だと思った。

1億オーバー。
当然、他の何かと比べる。
他の建売、他のマンションと比べる。

判断基準が“得か、損か”になってしまう可能性がある。
まずそれが、イヤだと思った。

そして、私の意識の問題。
『建売住宅』となったとたんに、考え方が完璧に商業ベースになる。
売れるか、売れないか?
売るためには、どうするか?
(成人としては、情けないことだが、どうもこの感覚が欠落している)

更に、最も問題なのが
「住む人が誰だか分からない」ということ。

「誰が住んでもいい家」

それならば、態々、建築家に設計を依頼する必要があるのだろうか?

更に、更にショックなのが
これらを買い手に説明、販売するのは、普通の仲介業者であること。
売り出し広告には所在地、概要、販売価格。

設計者の名前が出ていない。 出さない。

「それならば、やる意味ないじゃん!」って痛感。

今は何よりも、これらの物件が早く売れてくれることを望む。
これに携わった設計者たちのために、である。

Posted by asazuma at November 14, 2005 10:03 AM