January 11, 2006

Style と Design

ひと昔、いや、ふた昔前くらいになるのだろうか。

建築家の努めは、建築の設計にとどまらず、
生活様式、つまり、『ライフスタイル』の提案までも
含まれていたのかもしれない。

しかし、現代の日本において、それは必要なのだろうか。

特に、30〜40代の施主たちにとっては、どうなのだろうか。

彼ら(彼女ら)は、子供の頃から、それなりにデザインされたものに
絶えず触れながら、現在に至っているのではないだろうか。

その結果、“モノ”の良し悪しの判断、好き嫌いの区別は
それぞれ独自のものが確立されているのではないだろうか。

そんな彼らは、自分のライフスタイルについてまで、
他人に干渉されたくないのではないだろうか。

もしそうだとするならば、今後の建築家の努めは
いったいどういうものになっていくか。

『Style』については、施主が決める。
建築家は、それを実現するための“家という器”を
『Design』すればいい。

そういうことなのか?

それらには、建築のプロとしての新しい提案も
当然のことながら含まれるだろう。

しかし、これまでのように『やりすぎる』のは
敬遠されるかもしれない。

明確な理由のないデザイン。
建築家の“やってみたい”デザイン。

それらは、ほとんどの住宅には、必要とされなくなるかもしれない。

昨今、雑誌などで取り上げられている、
『デザインされた家』たちは、20年後にはどうなっているのだろうか?

先のエントリーに絡んで、そんなことを考えてしまった。

私は、あくまでも、施主の夢を叶えるために
自分の役割を全うしようと思う。

『家づくりの主役は、何時如何なるときも施主でなくてはならない』

このことだけは、どんなことがあっても
決して忘れてはならない。

Posted by asazuma at January 11, 2006 9:40 AM